店舗の集客・開業支援メディアサイト

プレスリリース

【SDGs】規格外イチゴを活用し、フルーツロス削減を実現しつつ、集客のアピールポイントにしよう‼

株式会社 Japan Fruits(香川県坂出市久米町2丁目824番地1/代表取締役:高尾明香里)は、提携農園の業務向け規格外夏イチゴの販売を8月1日より開始することを発表した。同社では、通年でイチゴの販売を行なっているが、約800件の企業にイチゴを販売する中でイチゴの取扱量が増え、廃棄の問題に直面するようになっていた。特に夏は暑さのために味には問題なくても、さまざまな形をしているイチゴが沢山出る。廃棄ゼロを目指し、規格外イチゴを販売する。

🔳見た目は悪くても味や鮮度は「秀品」と同じ

 農園を訪問する中で気づいたことがあります。実は出荷されず廃棄されているイチゴが1日に50kgもあるという事実です。

▲今年度7月中旬に収穫した「規格外いちご」

 イチゴは、ハウス内で栽培するために66.7L/日の灯油を使用し、167kgのCO²を排出しています。収穫したイチゴを廃棄することは食品廃棄だけでなく、栽培に要したエネルギーの浪費につながります。

 確かに、廃棄されているイチゴは、ケーキの飾りには使いにくい小さなサイズのイチゴです。収穫して販売したほうがよりコストがかかるという理由で、ほとんどの農園で廃棄されております。しかし、見た目が小さいだけで、味や鮮度は秀品と同様です。

🔳食品ロスが生まれがちになる背景

 現在、生産現場でが「食品ロスが出る」という前提で生産しています。そして夏季は、とりわけ暑さの影響でイチゴの規格外率が高くなりがちなのですが、一方で規格外が少ない期間もあります。安定供給は簡単ではありません。そのため、冷凍イチゴにするか、廃棄しているのが実情です。「収穫したイチゴはすべて(消費者に)届ける」、「ロスを出さない」というビジョンが産地に浸透すれば、食品廃棄を減らし、持続可能な農業の土台を創ることが可能になります。イチゴを販売する身として、生産者と共に持続可能な事業構築を行なっていきたいと考えております。

 ご共感いただける企業さまは、ぜひ一度お問い合わせ下さい。食品ロス及びCO2削減に向けて、共に取り組める事を楽しみにしています。

🔳規格外イチゴの概要

個数:1箱約100粒入
価格:1500〜2200円(※価格は時期により異なる)
送料:エリアにより異なる
サンプルご希望の場合は、以下のよりご連絡下さい。
https://strawberry.japanfruits-channel.jp/

◎飲食店舗や企業の問い合わせ先
株式会社Japan Fruits カスタマー担当:古川優子
https://forms.gle/zFBn15TFhTWcTYWz6

引用元:PR TIMES(https://prtimes.jp/

パンに関するフードロス削減の記事は以下より

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP